こんにちは!かっしーです。

 

今回は、主夫は副業をすべきなのかどうかについて、ぼくが思っていることを述べたいと思います。

ぼくは主夫だからと言って、「黙って自宅警備員になっている場合ではない!」と考えています。

ではその理由について1つずつ説明していきますので、どうかお付き合いください。

スポンサーリンク

理由1.収入がないから(少ないから)

主夫にも専業主夫や兼業主夫と言ったように、2種類の主夫の形がありますが、どちらも収入面で考えると多くはないですよね。

ぼくはどちらかというと専業主夫に近い感じですかね。だから収入もほとんどなしです。

まあ自宅療養中ということもありますが、収入がないという事実だけは変わりません。

なんで収入がないから副業しなくちゃいけないのか?というと、単純な話生活が少し楽になるからです。

「どちらか1人の収入で間に合っているから大丈夫」でも、子育てをしたり夫婦生活を充実させるためには、多少なりともお金は必要です。

それに、少しでも多く貯金したくはありませんか?

ぼくは貯金大好き人間なので、お金が好きなんですよ。(笑)

というか物欲があまりないだけ。もしかしたらミニマリストかも!って思ったことがあるくらいです。

失礼ですが、ほとんどの家庭はお金が自由に使えるほど金銭面に余裕はありません。必ず家計簿とにらめっこしています。

ぼくの家庭も毎日好き放題自由に使えるお金ないし、ぼくの実家も結構厳しいと言っていました。

だから主夫とは言え、少しでも収入を増やすという取り組みはした方がいいんじゃないかな。と思います。

理由2.実働時間を計算してみよう

一般的な仕事は実働8時間ですよね。

主夫の仕事は時間換算するとどれくらいになるのでしょうか。

  • 洗濯
  • 料理
  • 掃除
  • 育児

全部でどれくらいの時間を主夫の仕事として過ごしていますか?

ぼくの場合だと、育児がどれくらいになるかわからないんで日によって違いますが、だいたい4時間くらいでしょうか。

あれ、そう考えると働いている嫁の半分の時間しか仕事をしていないことになりますよね。

まあその家庭によっても考え方が違うから、どれが正しいかは言えませんが、なんだか不平等な感じがしてきました。

育児が大変な分と仕事の質が違うと思いますが、家事だったら手が抜けるという意味では楽なんじゃないかと思います。

ぼくは結構ごろごろしていたいタイプですが、こういうの考えると罪悪感・・・

夫婦で役割は違えど時間という意味で見たら、主夫としてもう少し何かできるんじゃないかな?って思います。

それが兼業主夫にあたるのかもしれませんけどね。

スポンサーリンク


理由3.もしもの時の備え

人間これからどうなるかわからないんですよ。

「俺に限ってもしもはない!」とか思っているなら、今すぐ考え直した方がいいかもしれません。

ぼくは今うつ病と戦っていますが、もともとは普通の会社員でした。

「このまま毎日同じように働いて生きていくんだろうな~」そう思ってたんです。

のんびりとした性格なので、何かあるかもしれないとか疑うこともしなかったんですね。

でも結果を見ればこの通り、うつ病になって会社をやめなくてはならない状態になりました。

ここで初めて、「収入源をもう1つ作っておけばよかったな」と。

まあぼくは入社して3ヵ月でノックダウンしたので、そういうのを考える間もなく、仕事に集中することで精一杯でした。

なので、ぼくみたいな状態になると生活に困ってしまうため、少しでも生活費の足しになるような活動として副業は大切なんじゃないかと思うわけです。

理由4.もし離婚したら・・・

主夫の場合、収入がないじゃないですか。

もしもですよ、急に離婚とかそういうことになったらどうしますか?

間違いなく生活に困ってしまいますよね。

「理由3」と同じように、これももしもの備えとしては考えとかなきゃいけないことなんじゃないかと思います。

ぼくも主夫をやっていてときどき思います。「離婚になったら終わるな・・・」って。

スポンサーリンク


理由5.会社の給料は簡単には上がらない

ぼくの場合は会社に勤めていないので、給料とは縁がありません。

しかしながら生活していくためには嫁の給料が必要不可欠で、主夫のぼくには給料どのように使っていくか考える義務があります。

もしぎりぎりでやっているのなら、工夫して節約してとすごく大変な作業になると予想されます。

「給料がもう少しもらえたらな~」

と思ったことがあるんじゃないですか?

でも会社では給料が決まっており、営業マンとかでない限り昇給に期待はできません。

となると、収入を増やすための最短ルートは主夫である自分が副業をやればいいだけです。

そうなると専業主夫ではなく兼業主夫になりますね。

収入が多くて困る人はいないと思うので、「給料増えないかな」と1度でも思ったことがあるなら、副業でアップさせましょう!

副業を始める人は増えてきている

前と違って今ではいろいろな副業がありますし、会社側も副業を許すところが多くなってきました。

すごい人なんかは副業が本業の収入を上回ったから退職した、なんてことも実際あるみたいなんですよね。

さすがにそこまでは難しいかもしれませんが、もしもの備えや今の生活を少しでも豊かにするために、副業を始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク