こんにちは!かっしーです。

 

配当金についていろいろ調べてみたんですが、やっぱり配当金生活を実施するには多額のお金がかかるようです。

そりゃあそうですよね。

簡単にそれができちゃったら、みんな怖がらずに株への投資をしますわ。

で、ここで思ったんですが、先に配当金30万がもらえる金額を借金するのはどうなんでしょう?

利子が上回ってしまうのか、それとも配当金額内に収めることができるのか、そのへんについてまとめてみました。

スポンサーリンク

配当金30万をもらうのにかかる金額

株を100万円分所有した時には1~5%の配当金がもらえまして、1~5万ということになります。

で、毎月30万と言いますと、30×12=360万が必要にですよね。

もし最高の5%だったとしても360÷0.05=7200万円分の株を所有しなければならないってことです。これでも最高の利子の場合ですが。

1%だったら360÷0.01で3億6000万も必要になってきます。

これ夫婦で一生かけて投資信託たとしても難しい金額になってきます。まあ最低ですので、3億くらいとしときましょう。それでもすごい額ですね・・・

まず3億の融資を受けることはできるの?

まずはじめに大切な要素として、3億もの大金を借りることはできるのか?という根本的な問題。

調べてみたところ、銀行では1億円が限度額みたいで、それ以上は個別に相談する必要があるみたいです。

個別に相談して借主の状況で変わってきます。

  • 年齢
  • 年収
  • 配偶者
  • 子ども
  • どんな会社か

など様々な要素から、「この人は返済することが可能なんどろうか?」と審査されるわけなんですね。

また金融会社によっても審査内容がことなるため一概には言えません。これプロたちにしかわからないことです。

もしかしたら複数の会社から借り入れすることができれば可能かもしれません。基本的には無理でしょう。

スポンサーリンク


3億円の融資を配当金で賄えるのか?

さて、本題に入っていましょう。

3億円の融資を配当金で返済することは可能なのでしょうか?

30年ローンで組んだ場合、12×30=360回払いになります。

なので単純計算して30000万÷360=83.3333・・・万円となりました。

完全に配当金の30万をオーバーしちゃってますね。

あくまで単純計算でして、ここに利息が2%とか入ってくると毎月100万くらい返さないといけません。

あらら・・・配当金では1/3しか返済できない結果となってしまいました。

よく考えれば当たり前ですよね。そんなのみんな真似するし、借りてる分材のクセに簡単に利益がでたら苦労しません。

ホールレスとかもみんな幸せな生活がおくれちゃいます。

 

以上、『配当金生活は借金をしても叶わない』でした。

逆視点から見てみたんですが、やっぱり無理そうですね。当たり前ですが・・・

というか3億もの大金を借りること自体が困難だと思われます。

ぼくのまったく意味のないひらめきでした!(笑)

終わり!

スポンサーリンク