こんにちは!かっしーです。

 

『賢威』というテーマを購入して数日で「賢威7」→「賢威8 β版」がリリースされました。

賢威を購入していればアップデートの無料ということで、アップデートは好きなタイミングでできます。

ぼくは賢威7の使い方を覚えたばっかりだったので、「また変わるのか・・・」と少し残念ですが、性能アップということで賢威8に期待しています。

そんなわけで賢威8 β版ではどのような機能が追加されたのか紹介していきますね!

スポンサーリンク

追加された機能

β版ということで、スタンダードしか用意されていませんが、それだけで十分だと思わせるような機能が満載です。

  • テーマカラーやデザインのカスタマイズ
  • ページごとのカラムの変更
  • モバイルようのデザインの設定
  • スライダー機能
  • ビジュアルエディタでデザインの管理
  • カラーボックスの表示
  • リンクカードの表示
  • 著者情報の表示
  • 賢威専用プラグイン

大きくみたらこの9つの機能が新しく追加されました。

使いやすいと思った機能

ぼくなりに使いやすいと思った機能は↓の機能です。

  • テーマカラーやデザインのカスタマイズ
  • ビジュアルエディタでデザイン管理
  • カラーボックスの表示
  • 著作情報の表示

では1つずつ見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


テーマカラーやデザインのカスタマイズ

テーマカラーについては、賢威7のときにもすごく迷いました。

ぼくのイメージカラーがどんなのかわからないから、何でもいいやって感じでシンプルなものを選んだんです。

しかしですね、イメージカラーが決まってきたときに変更するとなると、中身を全部やり直せなければいけません。

ぼくはまだ全然カスタマイズしてなかったから、そこまで面倒な作業にはなりませんでしたが、カラーやデザインを好きなタイミングで変えられるというのは、雑記ブログをしている方には大きなメリットだと思いました。

ビジュアルエディタでデザイン管理

これ結構うれしい機能で、いちいちプレビューして確認する作業が面倒だったんですよね。

1記事に対して何度も確認をしていたら、100記事くらいいったときには大幅なロスになってしまいます。

賢威8からは編集画面で見出しとかボックスとかが確認できるので、すごく便利だと思いました。

カラーボックスの表示

カラーボックスもなかなか嬉しい機能で、関連記事とかポイントを載せる際に使うと思います。

しかし、コードを引っ張ってきたりcssをいじったり、初心者のぼくにとってはまだまだ難しいというかレベルの高い技術というか、コードがよくわかっていないので、なるべく避けて通りたいんですよね。

だったらブログなんてやるな!ってぼくだったら思います(笑)

でもそんなぼくでもコードをいじることなく見栄えのいい記事を書くことができます。

 

著作情報の表示

これも結構大事だと思っていました!

まあぼく自身顔出ししていないので意味ないと思いますが、誰が書いているのか気にはなりますよね。

ぼくも検索した時に、果たしてこの情報は誰のものなのか、気にするときはあります。

挨拶みたいなものとして考えたら、すごく大切な機能なんじゃないかとぼくは重要視しています。

スポンサーリンク


賢威8専用有料プラグイン!?

なんと賢威8にしか対応しないと言われているプラグインが検討されているようです。しかも有料だとか。

またお金かかるのか~

と思いつつも、有料だからなんか期待値はすごく高いです。

賢威すら高いと感じていましたが、価格以上の機能を提供してくれましたしね。

このことを考えると、すごく便利だし使いやすいサービスになるんじゃないかと、ぼく自身は期待で待ち遠しいです。

賢威8が早く使いたい!

賢威8のβ版を利用していますが、すごく使い勝手がいいです。

これで試作品!?

と正直驚いています。

賢威8が実装されるときには、さらに追加機能もありそうな予感がするので、早く実装してほしいと思っちゃいますね!

 

以上、『賢威8 β版』のレビューでした。

↓にリンクを張っておきますので、詳しい情報はぜひ確認してください!

SEOテンプレート【賢威】

スポンサーリンク