こんにちは!かっしーです。

 

チビって必ずいじられるんですよね。どこの学年でも小さいやつはチビって言われる運命なんです。

別に個性なだけで、自分がなりたくてなってるわけでもないのに。

そんなぼくが今まで呼ばれてきたあだ名を挙げていきます。

スポンサーリンク

1.チビ

これは単純にわかります。

ぼくだっていじめてきたやつがデブだったら、デブって言ってやります。

でもチビって自分にはどうしようもできないし、事実だから何も言い返せません。

それだけにメチャクチャ悔しい気持ちになります。

まあ事実だから特に否定もしませんが、1番ストレートだからまだましかもしれません。

2.くそチビ

チビはわかるけど、なぜくそがついた!?

ぼくがくそなことをしたからなのか。その人の口グセなのか。

言われるたびに「くそはやめろ!(笑)」って言っていた気がします。

もしかしたら単純にこのやり取りを面白がってやっていただけなのか?

考えてみると疑問が残りますね。

3.カス

とうとうチビ要素が消えて「カス」になっちゃいました。

なぜカスなんだ?カスの定義ってなんだ?

カスにはどんな意味があるのか。

かす(滓、糟、粕、残渣)は、原料となる液体や固体などから目的の成分を取り除いた後に残る不純物やあまりの部分。 絞り残りなど。 酒粕 – 酒を濾過した「かす」。 粕汁の材料や甘酒・粕取焼酎の原料として用いられるほか、漬物(粕漬け)の漬け床などに使用することもある。

引用:wikipedia

不純物・・・あまりの部分・・・

それだけ小さなカスって意味でカスなのか?

当時カスって呼んでいた友達に聞きたい。

スポンサーリンク


4.おチビちゃん

チビの中でも少し可愛らしさ、愛嬌のある呼び方ですね。

でもよくよく考えればバカにされている感も半端ない・・・

まあいい方向に考えれば、そんなに悪気はなさそうだから、特に反発しませんでした。

5.ミニマム

小さいを英語?でミニマムって言うらしい?

これはすごくオブラートに包まれているというか、パっと聞いた感じチビ要素を感じないのは嬉しいところ。

でも和訳すれば「小さい」。

やっぱり馬鹿にされている。

でもアニメにでてきそうなかわいいあだ名だったから、そこまで嫌な気分ではありませんでした。

6.チビこり

「チビこり」ってなんだ?となりますよね。

ぼくはテニスが好きで、よく錦織の真似をしています。

真似と言ってもウェアをユニクロにしたり、ラケットを同じものにしたりという程度です。

そこから錦織の小さいバージョンということで、チビこりと名づけられました。

これに関しては、ぼくは錦織が好きなのでそんなには嫌ではなく、むしろ嬉しいくらいです。

結局どれもチビという表現が入っている

チビというのは切っても切り離せないようで、言い方は違えどチビ要素は満載でした。

チビって見た目だけで損している感じがしますが、愛嬌があると思うんですよね。(自分で言うなよ!)

みんながみんな悪気があっていっているわけじゃなくて、距離感が近くなると思っていることもありえるので、嫌な気分にならなければ良し!としましょう。

以上、ぼくが今までに言われてきたあだ名集でした!

スポンサーリンク