こんにちは!かっしーです。

 

まずはじめに言っときますが、ぼくの身長は155cm、いわゆるチビです・・・

子どもができたということもあり、ぼくみたいになってほしくないと思って最近では身長についていろいろ調べています。

そしたら、ぼくは身長が小さくなる未来だったことが判明しました。

もし自分の子どもがチビとからかわれていたら嫌ですよね。

では具体的な身長の説明についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

遺伝が80%なので親の身長でだいたい予想がつく

子どもの身長は遺伝によるものが大きく、80%は親の身長で決まると言われています。

親の身長をある計算式に当てはめるんですが、まずは計算式から。

男の子の場合、(父親の身長+母親の身長+13)÷2±9 cm

女の子の場合、(父親の身長+母親の身長-13)÷2±8 cm

という式があるんですよね。

ぼくの場合は、(165+146+13)÷2±9なので、153~171cmの間ということになります。

ぼくが155cmなので、この計算式通りの結果になりました。せめて中間よりも上がよかった・・・

あなたはどうなりましたか?

この計算式だと幅が広く感じますが、それぞれの環境によって生活がまったく違うので、このようにプラスマイナスに幅があるんですね。

つまり、もし親の身長が小さければ、身長が伸びないといっても過言ではないんです。

ぼくの子どもはいったい何cmになるんでしょうか。計算してみましょう。

(155+155+13)÷2±9だから152.5~170.5cmということになります。やばい、MAXでも平均身長に届いてないですね・・・

う~わ!絶対子どもが真実を知った時に言われるやつですね。ぼくがそうだったんで(笑)

環境を整えてあげないとチビが増えてしまいそうなので、子どものためにも環境づくりを徹底したいと思います!

スポンサーリンク


小学生の時に身長は決まる

実は身長って小学生の時に決まるって知っていました?

男の子は11歳6か月、女の子は9歳9か月までにおおよその身長が決まるそうです。

この時期から伸びる身長はだいたい決まっていて、男の子は25~30cm、女の子は25cmらしいんですよ。

ぼくが11歳6か月の時には125cmだったから、30cm伸びているんですね。こっちはMAX伸びていました。

ちなみにぼくの嫁も弟も妹もだいたい一致しました!

あなたはどうでしたか?

まず小学生の時の健康診断表が残っているかが問題ですが、あったら親に感謝ですね。

そのため、この時期までに以下に身長を伸ばすことができるか!がポイントになってきます。

ぼくは30cm伸びましたが、やはり11歳6か月の時点は身長が小さく、クラスでも1番前でした。

今だからこそわかることなんですけど、親世代はネットなんてなかったから情報不足になってしまいがちなんですよね。

「成長期になったら伸びるよ」じゃ手遅れになる

今はネットが流通しているおかげで、様々な情報を手に入れることができます。

ぼくはお父さんに「20歳までは伸びるから」と言われ続けましたが、結局はこのありさまです。無駄に希望だけ持たせておいてほんとにショックでした。

成長期にはもちろん身長は伸びるけど、男の子は11歳6か月、女の子は9歳9か月それまでに身長がどれだけ伸びているかが需要なポイントになることは間違いありません。

まれに例外はありますが、統計上では1番信頼度が高い計算式になります。

正直子どもがそこまでの知識を手に入れることはできないし、環境だって親に合わせることしかできません。

だって子どもがチビって本人は嫌だし、いじめられている姿を見ている親もいい気分ではないですよね。

ぼくの子どももこのままでは平均身長に満たないため、身長が伸びるような環境づくりをしていくつもりです。

なので、この計算式の最低ラインを見て平均より下だったら、サプリメントなどを活用するなり、子どものためにできることをしていきましょう。

 

スポンサーリンク