こんにちは!お金を触っていたいかっしーです。

 

ぼくは500円玉貯金にチャレンジしたことがありますが、実は100円玉貯金にもチャレンジしたことがあります。

500円玉貯金をしたときの記事はこちら↓

100円玉というと、500円よりはすぐに集まりそうだな~って感じませんか?

ということで、ここでは100円玉で10万円貯金したときのことをまとめてあります。

スポンサーリンク

10万円が貯まるまでの期間

100円玉貯金で10万円という貯金箱がなかったので、ぼくは缶を箱で代用しました。よくディズニーのお土産にもらうやつです。

100円玉をどれだけ集めればいいかと言いますと、1000枚!です。

そんなに集まる?って思いますけど、500円よりも1/5なのでね。枚数からみると多いかもしれませんが、実はそうでもないんですよ。

1000枚集める期間は意外にも短く、1年弱くらいだったかな。やっぱり100円玉は集まりやすいです。

たまにゲーセンとかに行ってたからかな、財布の中に100円があることはよくありました。

目の前に100円玉が1000枚あるのは、一瞬だけ気分がいいものでした。だって宝箱の中にお金が入ってるみたいじゃないですか!

スポンサーリンク


100円玉貯金はおすすめしない

やったからこそわかったことですが、100円て財布の中によくあります。よって貯まりやすい状態であることは確かです。

しかしながら問題が発生!

あなたの財布の中を見ればわかるように100円玉常にありまして、貯まりやすさで言ったら1、2位を争うくらいなのですが、それが原因で金欠状態に陥ります。

これではお金が使えない状態なので、貯金はできても今がどうにもなりません。

ある意味お金が使えない状態というのは節約になるかもしれないですが、これには限界があります。

ここでぼくはある条件をつけました。『1日5枚以上は貯金しないこと』

この条件を決めてからは少し楽になりましたね。最初からこのようにやっておけばよかったのですが、まあやってみなければ発見できないことです。

100円玉貯金は貯金箱と財布の中のバランスが悪くなるので、あまりおすすめはしません。やるなら500円玉貯金をおすすめします!

いい経験にはなった

貯金って誰もがやっていることだとは思いますが、だいたいの方が銀行ですよね。

貯金箱で貯金なんてすることは滅多にありません。やったとしても途中でやめてしまったり、貯金箱からお金を出すというズルをします。

それを考えたら、ぼくは最後までやり遂げることができたし、もう人生でやることはないと思うので、いい経験になったのかな?って思いました。

 

以上、100円玉貯金はおすすめしないについての体験談でした。

スポンサーリンク