こんにちは!毎日寝ぼけたような顔をしているかっしーです。

 

寝たい時間に寝ることができないから毎日夜が不安。

0時に布団に入ったとしても、ぼーっとしているだけで朝の5時。だんだん明るくなってきたなーと思う頃にやっと眠れる。

そんな毎日を過ごしていました。

でもよく考えると、睡眠薬を使っているにもかかわらず効果が実感できない、これおかしくないですか?

睡眠薬が弱かったんでしょうか。

まあ今回は睡眠薬が効かなかった理由ということで、同じような現象が起きている方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

睡眠障害の根本はうつ病だった

睡眠障害の根本がうつ病だと知ったのは、現在通っている病院に行き始めて、うつ病対策の薬を飲みは始めたのがきっかけでした。

睡眠薬を飲んでもそれほど効果がなかったのに、1発であることに成功しました。

しかし、ぼくが飲んでいるセルトラリンという薬には副作用があり、約6人に1人が眠気に襲われるというものです。

ちょうど1/6に入ってしまいましたね。

でも睡眠障害で悩んでいたぼくにとっては、むしろラッキーとしか思えませんでした。

これで仕事をしていたら業務に支障が出ると思いますが、主夫なので家で体調に合わせた生活を送ることができるからです。

この副作用について医師からは、「それでいいじゃない、なにもしないことが1番の自宅療法だよ」と言われたので、眠いと感じたときには本能に従っています。

うつ病の薬を飲み始めてからは、なることができなかったのが、むしろ寝ることしかできない状態になってしまったので、不便と言えば不便ですが、そのうち慣れるとのこと。

理由1.睡眠薬が効かない

睡眠障害さえ治ってしまえば、社会復帰できると思っていましたが、睡眠薬が効きませんでした。

なんのための睡眠薬!?

それともまだ体が馴染んでいないだけ?

そう信じて1ヶ月ほど飲み続けましたが、効果がでませんでした。

この睡眠薬はぼくに合っていないと思い、違う睡眠薬に替えてもらいましたがこれも合わず・・・

もうぼーっとして何日が経つんだろう。

何かほかに方法はないかと先生に相談したところ、「薬の成分を強くしてみては?」という提案があったので試してみることに。

スポンサーリンク


理由2.強い薬に替えても効果なし、むしろ副作用がある

今までにトライしてきた睡眠薬の成分を強くして試してみることにしました。

しかし結果は変わらず、むしろ副作用が強くてとても耐えられるものではありませんでした。

寝ているんだか起きているんだか和kらない状態が続くし、寝ているのにカラーの夢が現実と似ていてどっちかわからないし、とにかく悪夢のような体験だったのを覚えています。

これも病院に行きたくなくなる要因の1つにあります。

いろんな薬を試してみたいけど、副作用はつきものなので、あと1歩が踏み出せずに病院から1度離れることにしました。

結果、9か月間なんの成果も得られずにお金だけを無駄にした

睡眠薬を服用した期間は約9か月間、とくに何の成果を得ることもできず、心配である生活費が無駄になるだけでした。

医者もこれだけ効果がないのだから、違う原因があるかもしれないと気付いてほしい。

ぼくからしたらこれは単なる搾取です。

悩んでいるからプロに相談しているのに、成果ないんだったら正直医療費を返してほしいくらいです。

ぼくも睡眠さえ治すことができれば社会復帰できると思っていたので、視野が狭まっていたんだと思います。反省。。。

もし今のあなたの症状が良くならないのなら、原因の追究に全力を注いでください!

病気は時間が経てば解決するっものもあれば、悪化するものもあります。

ぼくみたいに長引いてほしくないのが1つと、病気で悩んでいる期間てほんとにつらい、なんのために治療しているのかもわからなくなる時期があるんですよ。

こうならないためにも、視野を広げて原因を探ってみることを、医師と相談しながら進めていくことをおすすめします。

あなたの病気も早く治療法が見つかることを願っています。

スポンサーリンク