こんにちは!かっしーです。

 

先日、妻に口が臭い!と言われました。まじでショックすぎます。。

25歳という年齢で口臭の悩みに向き合うとは思いもしませんでした。

なので、口臭対策を実践したところ、なんと3日で改善することができました!!

口臭の原因と対策についてまとめたので、気になる方はとりあえずチェック!

スポンサーリンク

口臭の原因はバクテリア

口臭の原因を調べたところ、臭いの原因となっているのはバクテリアの存在でした。

毎日しっかり歯磨きをしているよ!!という方がいますが、バクテリアはかなりの数存在しています。

バクテリアは口内の常在菌であり、毎日朝晩歯磨きをしたとしても1000億個以上もいます。

歯を磨いてないと1兆以上とも言われています。

しかし、バクテリアは免疫としての役割もあるため、病原菌を体内に侵入させない働きもしています。

そのため0になってはいけないんですね。

バクテリアがいれば口が臭うし、いなければ体が大変なことになる。なんとも難しい要求ですね。

しかしよく歯を磨いたとしても完全に撲滅するのは不可能なので、いかに減らすことができるかが問題です。

では、バクテリアを減らす=口臭対策する方法を見てきましょう。

口臭対策は唾液の分泌量を増やすこと

口臭対策というと難しいので、バクテリアを減らす方法として考えてみていきましょう。

バクテリアを減らす方法はいくつかありますが、前提としてバクテリアは酸素のない環境を好みます。

酸素が少ない状況とはどのような状況かと言いますと、唾液の分泌量が少ない時です。

【唾液が少ない時】

  • 朝起きたとき
  • お風呂上り
  • スポーツの後
  • お腹が空いたとき
  • 緊張してるとき

唾液は酸素を口に届けてくれる重要な役割をしているので、口が乾いてしまいがちという方は要注意ですね。

唾液の分泌量を増やす=バクテリアを抑える方法は以下のとおりです。

  • 水を必要量飲む(1.5L)
  • ガムを噛む
  • 口臭ケアの製品を利用する

この3つが口臭ケアのためにできることです。

口が臭うという方は、どれもできていないんじゃありませんか?

どれでもいいので、1番簡単なことから始めてみるといいですね。

スポンサーリンク


開始3日で口臭ケアに成功

ぼくの場合は、水の飲むことで3日で口臭ケアをすることができました。

水はもともと飲む習慣があるのですが、寒い季節になってきたので、いつの間にか摂取量が減っていました。

それで、少し意識して飲んでみたところ、「臭いがおさまった」と妻から評価してもらえました!

水を飲むのって結構きついですが慣れたら習慣化するので楽ですね。

ぼくはガムを噛むとお腹が緩くなってしまうので、消去法で水になっただけなんですけど(笑)

身近な人が指摘してくれたらいいですが、気を使われてたらずっと改善できません。

知らない間に悪化していたら、人前で笑うことができなくなるところでした。

しゃべるのも嫌になってしまったら引きこもりそうですね。てか人が寄ってこなくなる?

まじで妻が指摘してくれなかったら、大変なことになるところでしたよ。。

口臭ケア製品を使うのはお金がかかるし恥ずかしいので、もう少し様子を見てできることがなくなってからやろうと思いましたが、なんとかなってほんとによかったです。

お金がかからない人間ですね(笑)

口臭が気になって仕方ない方はサプリを活用

口臭ケアって恥ずかしいイメージがありますが、サプリならそこまで恥ずかしくなく飲めますよね。

どうしても気になるという方へ、ぼくが最終手段として考えていたサプリを紹介します。

どのサプリも違う観点から口臭ケアができるので魅力的です。

中でもウルトラグリーンエチケットは、初めての方限定で75%OFFを受けることができるため、試したことがない方はぜひ初回限定価格を利用してください。

口臭ケアは抵抗がある人が多いですが、エチケットの1つであり楽しく会話をするためにも必要なことです。

サプリという手軽な製品が出ているので、これなら抵抗が少なく利用できそうですね。

人前で自信もって笑えることができるように対策しましょう。

スポンサーリンク